恋愛以外に、熱中できるものがある人は幸せそうだ

日記

こんにちは、「Enter」です。

 

今日は、年の離れた後輩たちと久しぶりに話していて思ったことを書いていこうと思います。

 

年を重ねるにつれて、恋愛以外の比重が大きくなっていくのが現代です。

そして、その中でふと思ったのですが、

 

恋愛ばかりに熱中してる人ほどなんか、辛そう。ということです。これは完全に私個人の主観ではあります。

しかし思えば、学生時代を考えてみても恋愛以外の何かを持っている人は、恋愛をしても上手くいっている場合が多く、失敗してもそれはしょうがないという場合が比較的多いような気がしています。

 

感覚的なことなので根拠は無いですが、

考えてみると当たり前のことなのかもしれません。

 

恋愛はあくまで相対的なもので、自分がどうこうして成長するということがあまり関係ありません。一個人にどう思われ、自分自身がその人をどう思うか。ということだけで成り立つものです。

 

だからこそ、自分が何を目指すか、相手が何を目指すかといった夢のようなものを持っている中での関係の方が、

ある種逃げ道をつくるというか、落ち着いて恋愛をする鍵になっているのかもしれませんね。

 

恋愛一つだけに集中するのは冷静な判断を欠いてしまう。そういうことがあるのかもしれませんね。

 

何か目標を見つけてそれに向けて行動していく人は、その中で価値観の合う人と出会い、恋愛関係になる。

 

そういう理由もあるような気がします。

 

まぁ、色々書いてきましたが結局は、何か目標を持つのは様々なことを上手くいかせる処方箋のような役割がありそうだ、なんて思っています。

 

今日はここまで。

 

それではまた会いましょう。

 

本日の「Enter」でした。

 

タイトルとURLをコピーしました